• 一覧
  • よくあるご質問
  • どこまでの範囲を代行してもらえますか?

    お客様から請求書、領収証、通帳のコピー、売上請求書、などの資料をお預かりし、日々の記帳業務を代行いたいします。月次残高試算表、損益推移表、現金出納帳、預金出納帳、売掛残高一覧表、買掛残高一覧表を出すところまでが記帳代行サービスです。
    決算時には節税対策を含めた決算修正を行い、お客様のご指定の税理士様(または、当社の提携税理士)が税務申告の確定申告書を作成します。
    また、記帳代行サービスとその他の経理代行サービスを組み合せることで、経理はもちろん経理以外の業務のアウトソーシングが可能です。

    何か特別に伝票を書く必要はありますか?

    特別必要ありませんが、現金で売上入金や出金したご祝儀などの場合は、一部、入・出金伝票が必要になる場合があります。また、品名が分らない領収証などには、じかに品名を記入していただいております。

    当社の勘定科目は特殊ですが、対応できますか?

    はい、可能です。お客様の勘定科目に従って仕訳を行います。特にご指定がない場合は、お客様の会社の取引に最もふさわしい勘定科目をご提案いたします。

    最初に用意する資料の種類は?

    会計ソフトにお客様の会社情報を登録するために、前年度申告書一式のコピー、総勘定元帳のご用意をお願いいたします。新設会社様、開業の場合は謄本や開業届のコピーも必要となります。

    期の途中でもサービス契約・もしくは契約解除できますか?

    どちらも可能です。
    サービス契約に関しましては、決算書・試算表の残高が確定しているところから当社が会計処理を開始します。記帳業務を全く行っていないといった場合には、期の初めから記帳業務をさせていただいております。
    サービスの契約解除に関しましては、原則、決算処理が終了するまでの契約をお願いしておりますが、万が一当社のサービスにご納得いただけない場合は、決算書・試算表の残高が確定しているところまでを納品させていただき、契約解除となります。

    決算間近なのに何もしていない場合、サービスは受けられますか?

    当社ではその様なお客様のために、1年間分の記帳業務をまとめて行い、合わせて決算の確定申告書作成までを、約1ヵ月間で代行するプランをご用意しおります。

    現在契約している税理士様と一緒にやってもらえますか?

    お客様ご指定の税理士様と一緒に決算処理をすることも可能です。もし、ご指定の税理士様がいらっしゃらない場合は、当社の提携税理士をご紹介いたします。税理士紹介料は無料です。

    税金対策には対応してもらえますか?

    はい、可能です。当社がご提供するサービスは、毎月節税対策には十分配慮して経理処理行っております。会計期間中に利益が出そうな場合はお知らせするばかりでなく、節税の対策をご提案します。

    納品について教えて下さい。

    基本プランでは資料到着後~15営業日以内に納品させていただいております。資料到着後~最短5営業日以内に納品、資料到着後~10営業日以内に納品といったオプションもご用意しております。(別途有料オプション)
    状況によってお受けできるか判断をいたしますので、まずはお問合せ、ご相談下さい。

    納品の方法は?毎月会社へ来てもらえるのですか?

    納品と共に、ヒアリングを兼ねて毎月お客様の会社へお伺いさせていただくことは可能です。
    原則、三重県内のお客様のみご訪問サービスを行っておりますので、遠方のお客様についてはご相談の上、対応いたします。

    経営に関しての相談に対応できますか?

    経営に関してのご相談をお受けすることはもちろん可能です。また、提携税理士法人、グループ会社には総務、法務、人事、労務、会計、税務、財務、新規事業、金融機関の融資など、専門知識を持ったスタッフがおりますので、お客様のお悩みを解決へ導けますよう精一杯務めさせていただきます。

    遠方からの依頼にも対応できますか?

    可能です。
    三重県内のお客様でしたら、原則、月1回程度お客様の会社へお伺いし、ヒアリング・納品を行っております。遠方のお客様に関しましては、上記の直接訪問させていただくということが困難になる場合がございますが、電話やメールでヒアリングを行い、納品に関しましてもお客様にご納得いただける方法をご提示させていただきます。遠方のお客様の場合、別途ご相談が必要となりますので、予めご了承下さい。

    預けた資料はいつ返してもらえますか?

    原則、決算処理が終了するまで当社で保管させていただいております。決算処理が終了した時点で、決算書・総勘定元帳などの納品と一緒にお預かりしている資料をご返却します。毎月ご返却を希望される場合はご相談ください。

    領収書や請求書の原本を渡す必要がありますか?

    はい。
    原則として請求書、納品書、領収証は原本、預金通帳はコピー、売上請求書は控え、お預かりしています。お客様の元で必要な資料は、当社へご郵送いただく前にコピーをして保存していただくことになりますが、当社でお預かりしている資料が急きょ必要になった場合などはご相談の上、対応いたします。