記帳代行とは

NBTイノベーション株式会社 記帳代行サービス

「記帳代行」についてご説明いたします。

記帳代行とは、お客様の会社で行われている「会計ソフトへの入力」を当社が代行するサービスのことです。

法人の場合、年度末に決算申告を行うことが義務づけられていますが、
その際に必要な書類は日々の記帳データがベースとなっています。

ほとんどの会社様では経営者様や、経理担当様が毎日の取引を入力されていますが、
記帳業務をする際には「簿記」の知識が必要不可欠です。
簿記を知らずに記帳業務を行うと、会社にとって不利益な経理計上をしてしまったり、
違法とは知らずに脱税行為とみなされる計上をしてしまったりする可能性がございます。

また、そういった細かなミスが重なると正しい決算ができず、
はじめから全てやり直すことになってしまいます。

会計事務所や税理士事務所がついているからと安心して、
何気なく日々の記帳業務を行っている経営者様や、
経理担当者様もいるのではないでしょうか?
いつの間にか、気づかぬうちに損をしてしまっている可能性があるのです。

つまり、記帳業務は企業にとってデメリットをもたらす可能性をはらんでいる上に、
手間が掛かる意外と難しい業務なのです。
こうした理由から、記帳業務を外部の専門会社に依頼するケースが多くなってきています。

当社の記帳代行サービスは月の領収書や請求書といった紙媒体の取引に関する記録を、
デジタルデータとして会計ソフトに入力するまでを経理のプロが責任をもって代行いたします。

また無料オプションとして予算の把握から営業などの部門ごとの記帳も可能です。
レポート作成も対応可能ですので、経営データをフィードバックしたい方も是非ご相談下さい。

記帳代行業者を選ぶ際の注意

記帳業界では最近、月額0円、850円、980円など格安の広告が目立つようになりました。
しかし、実際には仕訳数が少ない場合の金額であったり、
自社で現金出納帳を制作しないと安くならないケースなど、広告の料金では契約できない、
むしろ、結果的に料金が高くなってしまうことが実際ではないでしょうか・・・。
当社の記帳代行は明朗会計、仕訳数に応じての基本料金を設定しております。
基本料金で通常納期(資料受領後~15営業日)、オプション不要の場合、
基本料金のみでお申込みいただけます。
また、必要な時にだけ必要なオプションを選択し、ご注文いただけるので、
毎回無駄なコストがかかることもありません。

記帳代行業者を選ぶ際の注意